戸建ての内装こだわりガイド

一戸建ての内装を紹介します。リビングとキッチンの間には、扉があります。必要な時に閉めています。

一戸建ての内装の紹介。

自宅のリビングで過ごす時間が多いのです。一戸建てなのですが、壁の色がとても落ち着くな、と感じているのです。照明器具はこの一戸建てに引越しをした時と違うものを使っています。最初に使っていたのはシャンデリアだったのですが、数年後に取り替えました。スイッチが操作しやすい場所にありますので、良い内装だなと思っているのです。リビングのドアのすぐ横にスイッチがありますので、お部屋が暗くても楽に電気をつけることができるのです。リビングのドアには、ガラスがついています。このガラスには、模様がついていますので、洋風の雰囲気になっているな、と思うのです。ドアの色はベージュに近いので、落ち着いた雰囲気なのです。
また、リビングの隣にはキッチンがあります。キッチンとリビングの間には、戸があるのです。キッチンではドライヤーを使うことがあるのですが、リビングで父親が眠っている時などには、この戸を閉めることもあるのです。リビングには固定電話を置いています。キッチンで換気扇を回してお料理をしている時にこの戸を閉めてしまいますと、電話の音が聞こえなくなってしまいますので、戸は開けるようにしています。母親は、リビングとキッチンがつながっていれば良いな、とよく言っています。キッチンの床のデザインも、とても可愛らしいので小さな頃から気に入っているのです。優しいイエローの床に、ブラウンの模様が入っています。キッチンもとても落ち着きます。

 比べてお得!

Copyright (C)2017戸建ての内装こだわりガイド.All rights reserved.